「手のクロッキー」をしよう(課題No.024)

概要

手は、顔の次にいろんな演技ができる、とても雄弁なパーツですよね。
手がどんなポーズをしているか、何をしているかで、さまざまな情報や感情を絵に入れることができます。
美術系の大学受験のデッサンでも、よく「手と〇〇を組み合わせて絵を描きなさい」みたいなテーマで出題されるんです。
とても身近で面白いモチーフではありますが、いざ描こうとするとけっこう難しいです。
形の練習には、とにかくクロッキー(モチーフを短時間で素早く描写すること。一般的に10分以内で、陰影まではつけない。)を繰り返すこと!
今回はクロッキーの導入におすすめのレッスンです。

講師作品
手のクロッキー1 手のクロッキー6 手のクロッキー5 手のクロッキー4 手のクロッキー3 手のクロッキー2 手のクロッキー13 手のクロッキー12 手のクロッキー11 手のクロッキー10 手のクロッキー9 手のクロッキー8 手のクロッキー7
参考サイト

◆Line of action Hands & feet tool
https://line-of-action.com/practice-tools/hands-feet-practice
※海外サイトのため英語です。手か足か、性別、時間設定などを決めてから、[Get Drawing!]ボタンを押すと始まります。

◆手のイラスト資料集 -Hand Reference
http://hatoking.com/journal/4352.html
※ Moaさんという漫画家の方が公開してくれている資料集です。

レッスンページ

「手のクロッキー」をしようのレッスンページへ

生徒作品

みなさんの作品は、こちらに掲載していきます。
(掲載OKの場合は、作品投稿フォームの掲載OKにチェックを入れてください。)
手のクロッキー 手のクロッキー 添削