添削例

「あなたの良さ」を活かした添削指導

「あなたの個性を活かして、もっと良い絵にするにはどうするべきか」を第一に考え、提案しますので、あまり大きく手を加えることはありません。あくまでも「あなたらしい絵」を大切にしています。

実店舗の絵画教室でよく言われるのは、「先生が最後に少し触っただけなのに、ぐっと引き締まった!」「下書きのときに一回、仕上げに一回見てもらうだけで、自分1人で描くときより何倍も良い絵になる!」ということです。
絵とは不思議なもので、ほんのささいなことで見え方は激変します。できる人からすれば当たり前のポイントでも、まだできない人が気づくには相応の訓練が必要です。

便利なもので、最近はデジタルでもアナログ風に描くことができるので、皆さんから送っていただいた絵の画像に、あまり違和感なく自然に加筆することができる時代になりました。通信講座とはいえ、実際の絵画教室と遜色ない指導レベルです。

実際にどんな添削が返ってくるか、下記の例をご覧ください。
※スライドショーになっています。動かない場合はページを更新してみてください。

添削例1

添削例1のビフォーアフター

添削例2

添削例2のビフォーアフター

添削例3

添削例4