すべて

水彩色鉛筆で「いちじく」の描き方

制作時間
45分
むずかしさ
★★☆☆☆

このレッスンの課題ページはこちら
≫「球体(まるいもの)」を描こう(課題No.008)

画材

画材
メモ
水彩色鉛筆
講師作品は「笹部オリジナル」を使用
水彩紙
今回はヴィフアール(ハガキサイズ)
筆、筆洗、ティッシュ
筆は水筆でもOK

うすめの色で下書き

水彩色鉛筆で「いちじく」の絵の描き方。(1)下書き

黄土色でうっすらアタリ(ざっくりとした形)をとってから、赤茶(モチーフの色)で下書き。影の色もうっすら描いておく。

これくらいドライで塗ったら、ウェット(水をつけた筆でぼかす)

水彩色鉛筆で「いちじく」の絵の描き方。(2)ドライ

丸ごとの方のいちじく・・・もようがタテ向きに入っていますが、塗り始めは立体感の方を重視してヨコ向きのタッチで。明るいところはうっすら塗る。真ん中のあたりは暗い&でっぱっているので強く。その下のあたりは、反射光(上から来た光が机に当たって反射した弱めの光)で少し明るい。
切ったいちじく・・・白い果肉のところは、ほとんど塗らないが少しだけうす黄色を塗って、あとは筆でのばす。真ん中の部分はリアルに描きすぎたらやや気持ち悪いので、ほどほどの描き込み具合で。
机の上の影・・・基本的にヨコ方向のタッチで。

ウェット~ドライで仕上げ

水彩色鉛筆で「いちじく」解説コメント付き

丸ごとの方のいちじく・・・りんかく線は、明るいところや奥になるところはうっすらで。特に暗い所には青系の色も入れてみたが、お好みで。
切ったいちじく・・・断面は「平面」、皮の方は「丸み」を意識したタッチの方向で。断面はみずみずしくしたいので、ドライは少なめでウェットを多めに、紙の白も残すことを意識する。真ん中の赤い部分は、筆先を使って細くウェットする。奥のりんかく線はうすめに。

水彩色鉛筆で「いちじく」

この絵に使用したおもな色

笹部オリジナル水彩色鉛筆の色番号です。

皮の色…103(ライトイエロー)、603(ベージュ)、503(ライトグリーン)、316(クラレット)、216(マルーン)、416(ダークブルー)
断面………103(ライトイエロー)、309(ローズピンク)、316(クラレット)、216(マルーン)
影……………302(ペールパープル)、705(ウォームグレイ)