制作時間
1時間
むずかしさ
★☆☆☆☆

このレッスンの課題ページはこちら
≫「野菜」を描こう(課題No.015)

画材

画材
メモ
水彩色鉛筆
講師作品は「笹部オリジナル」を使用
水彩紙
今回はヴィフアール(ハガキサイズ)
筆、筆洗、ティッシュ
筆は水筆でもOK

モチーフの写真

こんな感じのカットスイカを描きました!

水彩色鉛筆で「カットスイカ」の絵のモチーフ写真

うすめの色で下書き

いきなり赤色で描くと失敗するかもなので、薄めの色で軽めに下書きします。

水彩色鉛筆で「カットスイカ」薄めの色で下書き

とりあえずざっくり塗る

濃い赤は置いといて、ピンク系やオレンジ系、うすい赤系をざっくり塗っていきます。種もまだ塗らないでおきます。(ウェットしたときに黒がのびたらイヤなので)

水彩色鉛筆で「カットスイカ」塗りだし

ウェット(水をつけた筆でぼかす)

ウェットが多めの方がみずみずしく見えると思います。

水彩色鉛筆で「カットスイカ」ウェット

再びドライ

スイカをよく見ると繊維が見えます。リアルな絵にしたい場合は繊維も描きましょう!可愛い系にしたい場合は、描かない方が良いです!

水彩色鉛筆で「カットスイカ」の絵

種を描いたりして描き込んだら完成!

右の面と左の面の色の差を少しつけると立体感が出ます。種は、光っている部分を塗り残すと良いです。皮に近い白いところも、真っ白のままで残さずにうっすら色を塗りましょう。

水彩色鉛筆でスイカの絵

この絵に使用したおもな色

笹部オリジナル水彩色鉛筆の色番号です。

赤い実の部分...208(レッド)、305(ピーチ)、309(ローズピンク)、204(オレンジレッド)、103(ライトイエロー)、004(ブラック)
緑〜白の部分(皮のあたり)...103(ライトイエロー)、503(ライトグリーン)、514(グリーン)、702(シーウェーブグリーン)
机の上の影...405(ライトブルー)、703(グレイ)