2017.6.13

簡単にじみ絵でお花づくり

コーヒーフィルターと水性ペンで簡単にじみ絵

用意するもの

・コーヒーフィルター 5枚くらい
・水性ペン
・紙コップ 2つ
・ストロー 1本(水をゆっくりぽたぽた落とすのに使うだけなので、割り箸などでもOK)
・画用紙 1枚(できたお花を貼り付ける用)
・背景を描く画材(クレヨンなど)

時間の目安

1時間〜1時間30分

1. コーヒーフィルターを丸く切る

丸型だけでなく花びらの形にしたり、自由にしてOKです。1つのコーヒーフィルターから2枚できます。

2. 水性ペンで丸を描き、紙コップの上に置く

水性ペンで真ん中に丸を描きます。薄いとにじみもイマイチになるので、濃いめに。
机の上ですると机の上がびしょびしょになるので、紙コップの上に置きます。
もう1つの紙コップには水を入れておきます。

FullSizeRender 19

3. ストローで少しずつ水を垂らす

一気に水につけてしまうより、少しずつ垂らした方が綺麗に広がります。
じわじわ色が広がる様子を眺めるのが楽しいです。

FullSizeRender 24

紺色が綺麗ににじみました。
灰色や黒色など、深い色のものは面白いにじみになりやすいです。
どうして1色の水性ペンからこんな風にいろんな色が出てくるのでしょうか?
原理を調べたり比較検証をしたら、夏休みの自由研究にもできそうですね!

4. できたものから乾かして、たくさん作ろう

できたものは新聞紙の上などに置いて乾かしておきます。
形や色、線の描き方などを工夫して、いろんなお花を作ってみましょう。

5. 画用紙に並べて、どんな作品にするか考える

画用紙に貼り付ける前に画用紙の上に並べてみて、
「どんな作品にしようかな」「ここにはこれを置いてみたらどうかな?」と、よく考えてみましょう。

FullSizeRender 16

6. 背景を描いてから貼り付けて、完成!

背景を描く場合、最後に描くのは難しいので、貼り付ける前に描きます。

FullSizeRender 23

アートセラピー教室のみなさんの作品

    

色んな色を使ったり、点々で描いてみたり、楽しい作品がたくさんできました!

◀︎ くもとあめ

コラム一覧へ

6月の教室「野花を描く」 ▶︎