2017.12.3

風景画の練習

「旅先で風景のスケッチをしてみたい!」
「でも、いきなり始めるのはハードルが高い…」
と思っている方は多いのではないでしょうか。

風景画はメインにしたいモチーフとは別に、空や木なども入ってきて、
まず、描くものが多い!というのが難しいところです。

ということで、まずは風景画のテキストを参考に、模写から始めてみてはいかがでしょうか。

自然のスケッチにおすすめの本


≫「いちばんていねいな、自然の風景の水彩レッスン」 小林啓子 (著)

こちらのテキストは、木の描き方ひとつでも、
一本の木、遠景の木、複数の木などに分けて丁寧に解説されています。

そして一番の特徴は、「私の3色」という、たった3色の絵の具でほとんどを描いてしまうことです。
「私の3色」の混ぜ具合でいろんな色を作ることができるので、
絵を始めたばかりの方でもとっても簡単に勉強ができます。

マスキング液の使い方なども細かく描かれていて、たいへんおすすめの一冊です。

生徒のみなさんの模写作品

「いちばんていねいな、自然の風景の水彩レッスン」を参考に描いてもらいました。

◀︎ 紙でかんむりを作ろう!

コラム一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事