• 似顔絵
  • ペットの絵
  • インテリア絵画
  • 手づくり雑貨
  • 絵の描き方講座
  • facebook
  • twitter
  • contact
  • カートを見る
制作過程

似顔絵の描き方

似顔絵がどのようにして出来上がるのか、原明あさの の作品を例に、下書きから完成までをまとめました。

原明あさの

下書き

鉛筆で下書きをします。透明水彩絵の具は、後から大幅に修正することはできません。だから下書きのときにしっかり形を合わせておきます。「似ているか似ていないか」は、下書きでけっこう決まってしまいます。各パーツの位置や大きさ、どんな特徴があるかなど、よく観察して線にします。

原明あさの 似顔絵の描き方
原明あさの 似顔絵の描き方

色塗り1 肌色を中心に

頭全体の明暗を描きます。あまり顔・髪・首などと分けて描きません。パーツパーツで分けて描きすぎると、なんだかバラバラになってしまうからです。頭部の一体感を大切にします。暗い色のところや影ができているところは、水色やグレーっぽい色を足しました。乾かないうちに色を置いていくので、滲んだりぼや~っとしていますね。

色塗り2 背景

背景も同時進行します。穏やかであたたかいイメージで、オレンジ色を選びました。お二人の間にある優しい空気を連想させるような色づかいにしたいです。よく見ると、まだらに白くなっています。これは絵の具が乾かないうちに「塩」を振っているからです。筆だけではできない模様をつけるためです。左上の部分に、まるで花のような模様がうっすらとつきました。

原明あさの 似顔絵の描き方
原明あさの 似顔絵の描き方

色塗り3 服や肌の質感

塩はしっかり払い落としているので安心してください(笑) 服にも色をのせます。奥様は実際のお写真ではグレーのシャツを着ているのですが、絵ではもう少し明るい色が欲しかったので、グレーっぽいピンクにしました。頬や鼻の部分、顔の細かな凹凸を意識して、肌も描き込みます。髪や眉に濃い色が無いので、不自然に見えますが、まだ描きません。今は肌のほうが大切。

色塗り4 目・眉・髪

やっと顔らしくなってきました。日本人は黒髪・茶色い瞳の方がほとんどですが、描き始めから黒っぽい色を使うと、絵全体の色が濁りやすくなってしまいます。場合によりますが、わたしは大抵、肌を綺麗に描いてから、髪をかぶせるように描きます。ただ冒頭で言ったように、パーツで分けて描きすぎてもいけません。ですから塗りだしでは一体感を重視しています。

原明あさの 似顔絵の描き方
原明あさの 似顔絵の描き方

描き込み1 お顔の細部

まつげの部分を描くと、お写真のお顔に近づいてきました。細い筆で慎重に線をひきます。奥様はいい感じですが、ご主人の肌はもう少し色をいれたほうがいいな、とここで思いました。

描き込み2 髪など細部

ご主人の肌色を修正しました。髪の束や明暗を意識して、細部を描いていきます。とにかくイキイキとするよう、勢い良く、でも慎重に描きます。瞳の中も、小さい面積ですが、何回も色を重ねています。

原明あさの 似顔絵の描き方
原明あさの 似顔絵の描き方

完成!

文字を筆で綺麗に描いて、背景にお花を足したら完成!!お花は、形を描いたらその周りを少し濃い色で塗り、花びらの部分は筆で少し洗い取っています。白の絵の具で分厚く塗るより、オレンジ色を少しだけ取って薄くするほうが、背景に溶け込んで良いと思ったからです。

 

→静物画「シクラメンとビー玉」の制作過程

アートの綿毛でできること
総合TOPページへ
手づくり雑貨を買う
インテリア絵画を買う
ペットノ絵を描いてもらう
似顔絵を描いてもらう
似顔絵やさんをよぶ
その他の依頼をする  
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 簡単ゴリヨウガイド
  • リンク集
  • 特定商取引について
  • facebook
  • twitter
  • 猫の絵ブログ